2008年08月05日

イギリスの薬

20030607(002).jpg子供が風邪をひいた。夫にもうつった模様。
少し暖かくなったからって水浴びさせたせいかな?たらーっ(汗)
子供は丈夫なのであまり心配していないが、夫は一度風邪をひくと長引くので困る。
日本から数種類の薬を持ってきたが、大事な薬を忘れてきた。
それは鼻水の薬。
風邪の基本症状なんだから絶対持ってくるべきなのに!!
仕方ないので、日本から持参した「今日の治療薬」を片手に市販薬を買いに薬局へ。

鼻水の薬ってカテゴリーはないみたい・・・探せばあるのかな?
それともイギリス人は鼻水くらいで薬はのまないのか??

で花粉症、アレルギーのコーナーを当たると
「Cetirizine Hydrochloride」
セチリジン? それってジルテックではないですか!
市販薬で買えるなんて驚き!(日本では医療用医薬品で医師の処方が必要)
しかも7錠で98P!!驚きの安さ!
花粉症の季節には日本へのお土産に良いかもわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
ちなみに クラリチンと同成分のLoratadineも売ってました。
とりあえずセチリジンを買ってみた。
感冒への適応はないけど、効果は問題ないだろう。
イギリスの市販薬は単味(成分が単一)なものが多いのもちょっとしたカルチャーショックだった。
日本ではたいてい成分が複数入っている。
でも、単味のほうがわかりやすくて助かります。

ラベル:
posted by hana at 05:36| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。