2006年07月25日

赤ちゃんが乗っています

車のリアガラスに張り付いているのを目にする

「赤ちゃんが乗っています」のサイン

夫は見かけるたびに「だから何なの?」とぶつぶつ言っていますが、

調べてみるとそれなりに意味があるものらしいです。

もともとアメリカが発祥で

大きな交通事故の際 救出隊が後部座席に子供が乗っていることに気付かず

救助が遅れたことがきっかけとなり、広まったそうです。

また、サイン購入時に同封されている葉書を送ると1年間 子供に保険をか
けることが できるものもあるようです。

日本では英語バージョンの「baby in car」もかなり普及していますが

これは日本人が勝手に考えたフレーズで
正しくは「baby on board」
実際にこのセイフティサインを掲げている人は

「赤ちゃんが乗っているので、ゆっくり走ります。お先にどうぞ」というような気持ちで掲げているんじゃないでしょうか?

ネット上ではうちの夫のように
「だから何?」「赤ちゃんが乗っているから気をつけろって?自分勝手な!」的な批判もあるようですね。



 そういう意見もあるとは思いますが、心が狭いなーと感じちゃいますね。

では私はこのセイフティサインをつけるか?というと




多分つけないでしょう。

上のような批判もあるし、「うふふ。赤ちゃんがいるんです、いいでしょ?」みたいに取られると

かっこわるいなぁと思うのが正直な気持ちです。

 
banner2[1].gif banner2[1].gif   ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by hana at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21508892

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。