2006年10月02日

ある日パパと2人で〜♪

「グリーングリーン」という歌の歌詞の冒頭です。
小学校の教科書に載っていませんでしたか?
軽快な音楽とちょっと悲しげな歌詞が対照的でインパクトが強いこの曲、
先日ここで書いた「うたううあ」のCDにも入っているんですが、
この曲ってなんと7番まであるってご存知ですか?
 

もともとはThe New Christy Minstrelsというフォークバンドの
「RAMBLIN'」というLP盤(1963年米コロンビア)
「green, green」という曲だそうです。

日本語の歌詞は片岡 輝さんの作詞によるものです。
 
 
  FC2ブログランキング   ブログランキングへにほんブログ村 マタニティーブログへ

↑ランキングに参加しています。応援よろしくおねがいします!

ある日 パパと二人で語り合ったさ
この世に生きる喜び そして 悲しみのことを
グリーン グリーン 青空には 小鳥がうたい
グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がもえる

その時 パパが言ったさ 僕を胸にだき
つらく悲しい時にも ラララ 泣くんじゃないと
グリーン グリーン 青空には そよ風ふいて
グリーン グリーン 丘の上に ララ 緑がゆれる

ある朝 ぼくはめざめて そして知ったさ
この世につらい悲しいことが あるってことを
グリーン グリーン 青空には 雲がはしり
グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がさわぐ

あの時 パパと 約束したことを守った
こぶしをかため 胸をはり ラララ ぼくは立っていた
グリーン グリーン まぶたには 涙あふれ
グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がぬれる

その朝 パパは出かけた 遠い旅路へ
二度と帰って来ないと ラララ ぼくにもわかった
グリーン グリーン 青空には 虹がかかり
グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がはえる

やがて 月日が過ぎゆき ぼくは知るだろう
パパの言ってたことばの ラララ ほんとの意味を
グリーン グリーン 青空には 太陽笑い
グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑があざやか

いつか ぼくもこどもと 語り合うだろう
この世に生きる喜び そして 悲しみのことを
グリーン グリーン 青空には かすみたなびき
グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がひろがる

 
パパはどこに出かけたのか、については
「戦争にいった」「亡くなった」「離婚して出て行った」などあるそうですが、作詞家本人は「聞いた人の想像にお任せします。」とコメントしているそうです。
posted by hana at 16:23| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
7番まであるのは知らなかった。
そして、前半の歌詞しか知らなかったから、こんな切ない曲だったとは。。。。
胸にジーンときながら読ませてもらいました。
Posted by ワンコ at 2006年10月02日 22:59
こんなに長い歌なんですね〜、知らなかった。
童謡って、たまにすごく心にずしりとくる詞がありますね。
色々考えちゃうな。
Posted by なっち at 2006年10月03日 16:09
>ワンコさん
出産おめでとうございます!
予定日一緒だったのに、先を越されちゃいました〜。私もがんばらないと。
>なっちさん
子供ながらに切ない曲だなとは思ってましたが、改めて読んで考えさせられちゃいますよね〜
Posted by hana@管理人 at 2006年10月04日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24773234

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。